上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハワイで移入種でない鳥にようやく出会えた。そのひとつがムナグロだ。この鳥は公園やホテルの庭園などで必ずといってもいいくらいに見ることが出来た。しかも人を恐れず10メートルに近づいても逃げないので、じっくり観察することが出来た。いつも単独でいてなわばりを持っているらしい。
 ハワイのムナグロは夏の終わりにアラスカから冬鳥として渡来し、春まで過ごすという。今回見たのは冬羽の姿だが、春の渡去時には名前のとおり顔のまわりと胸が黒い夏羽に変わるそうだ。

ムナグロ1
 公園などの草地に1羽でじっとしている姿をよくみた。
ムナグロ2
 海岸にもいたが少ない。 ハワイ島コハラコーストで撮影
スポンサーサイト
今年のハヤブサはどうしているかを見に行った。くまなく岸壁を双眼鏡で捜してみたが,その姿は見つからなかった。2008年まで毎年繁殖を成功させていたが,09年,10年はヒナの巣立ちを確認することはできなかった。そして今年はその生息さえも絶えてしまったのか。
ふと目の前を見ると,黄色いアイリングが目立つコチドリが歩いてきた。
コチドリ
           
イカルチドリ1
イカルチドリ 2006.01.28 長野県上田市

コチドリ1
コチドリ 2007.06.10 長野県上田市

ダイゼン1
ダイゼン成鳥夏羽 2010.04.26 千葉県船橋市

タゲリ1
タゲリ 2009.11.29 長野県上田市

ムナグロ2
ムナグロ夏羽移行中 2010.04.26 千葉県船橋市

メダイチドリ1
メダイチドリ 2010.04.26 千葉県船橋市
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。