上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月6日に5羽の1番子がすべて巣立ちをした。その2日後の8日に、親と思われるツバメ成鳥2羽が再び現れるようになった。そして、今度は前とは違う室外灯の上に残っていたやや小さめの古巣に出入りを始めた。
 7月9日、朝から雨が降り庭の地面には水がたっぷり浸み込んだ。午前8時ごろ、2羽のつがいが現れて地面に降りて芝の枯草や泥を集めては古巣のリフォームを始めた。雌雄共同の作業は午後も行われた。

ツバメ巣材集め1
 庭へ降りて巣材を集める親

ツバメ巣作り
 古巣のかさ上げそするツバメ。このリフォーム作業は7月13日まで続いた。(およそ5日間)

1番子が巣作り中の巣に
 7月9日、すでに巣立った1番子のヒナたちが時々リフォーム中の巣へやって来て親の給餌を受けようとする。しかし、親は餌を与えないので、しばらくすると飛び去っていく。

ツバメ産卵
 7月16日、親の留守中に鏡を使って巣の中を覗いてみると卵が3個あった。産卵は1日1個で、初卵は7月14日、最終卵は17日だった。産卵期の親は朝のうち雌が巣に座り、雄は巣の近くの雨戸の枠の上に止まっている。9時ごろになると雌雄は巣を離れるが、午前、午後それぞれに1~2回巣へ戻って来て朝のような行動をとった。

 7月17日の最終卵から抱卵に入り、31日に孵化した。(抱卵期間2週間)

ツバメ初期ヒナ
 8月7日、育雛初期から中期に差し掛かり、ヒナ4羽順調に成長している。親がいないときにもヒナの頭部が見えるようになり、小さな鳴き声が聞こえるようになった。
ツバメ育雛初期
 親の給餌回数が多くなり、ヒナはフンを巣の外に落とすようになった。

ツバメ巣立ち1
 8月17日、ヒナ1羽が巣から落下。親からの給餌を受けられず残念ながら翌日死亡。
 8月23日、いよいよ巣立ち。残った3羽のヒナが巣を離れ、当初は巣の下にある雨戸の枠の上で親の給餌を待っていた。
 (育雛期間23日)

ツバメ巣立ち2
 雨戸の枠に止まって親の給餌を受ける巣立ちビナ。8月24日以後、ヒナたちは夜は巣に戻って来るが、朝から夕方までは近所のどこかで親から餌をもらいながら過ごしているようだ。
 時期的にやや遅めの第2繁殖で1羽の落鳥はあったが、無事に巣立ちができてよかった。1番子と2番子を合わせて8羽のヒナを育て上げたツバメのひたむきな行動に何度も心を動かせられた。
  
 





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。