上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 12月10日再び東京電力小諸発電所第一調整池を訪れた。池の後方には真っ白な雪を頂いた浅間山が輝き、いよいよ冬がやってきたなと感じる風景だ。湖面や浮島には水鳥たちがのんびりと羽根を休めている。それらの中で活発に泳いだり、水中に潜ったりしているカモもいる。それは潜水ガモの仲間達だ。
 常連はカワアイサ、ミコアイサ、ホシハジロ、キンクロハジロなどで、ホオジロガモやスズガモも数は少ないが時々見ることが出来るようだ。

東電調整池12/10の風景

ミコアイサ♂換羽中1
ミコアイサ(オス)エクリプスから換羽中
ミコアイサ♂換羽中2

ミコアイサ♂換羽中3
これから背や肩羽が白くなっていくだろう。

ホオジロガモ♂1
ホオジロガモ(オス)嘴の基部と目の間の丸い白斑が特徴。
ホオジロガモ♂2
丸い白斑にわずかに褐色部を残していて第1回冬羽の名残がある。
ホオジロガモ♀1
ホオジロガモ(メス)
ホオジロガモ♀2
メスは嘴の先がオレンジ色

スズガモ♂
スズガモ(オス)キンクロハジロのように後頭に冠羽がない。
スズガモ♀
スズガモ(メス)嘴のつけ根の白斑が目立つ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/110-4699afbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。