上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新年になってから朝の気温がマイナス5℃を下回る寒い日が続いている。ため池の鳥はどうしているだろうか。先週7日、冬晴れの七草の日にいくつかのため池を巡ってみた。すると、小さな池は全面に氷が張り詰めていて鳥の姿はなかった。一方比較的大きな池で解氷部のある池にはカモやサギ、バンの仲間がいた。
 北の入池はほとんど結氷していたが、わずかに凍っていない部分があった。その近くの氷上には、カルガモ、マガモ、コガモ、オナガガモとオオバンが休んでいた。その集団の中に1羽のトモエガモのメスを見つけた。 
結氷した北の入池
 結氷した池で休むカモたち
氷の上のカモたち
 手前からカルガモ・オオバン・オナガガモ・コガモ・マガモ
トモエガモ♀1
 トモエガモ(メス)くちばしのつけ根に白い丸斑がある。
トモエガモ♀2
 トモエガモ(メス)大きさはコガモよりやや大きい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/118-8b7826ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。