上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハワイ王朝の栄華を偲ぶイオラニ・パレスを見学した。バスを降りてストリートからその宮殿に向かう途中、建物脇の草地に頭の赤い2羽の鳥を見つけた。それはコウカンチョウだった。白と灰色の体に真っ赤な羽毛でおおわれた顔と銀色のくちばしをもったその姿は、一度見たら忘れられない。
 コウカンチョウは、1930年ごろ南米からオアフ島の持ち込まれた移入種で、現在は各島に広がっているという。その後訪れたハワイ島でもその姿を見ることが出来た。

コウカンチョウ1
 市街地の公園やホテルの庭園などで普通に見られる。
コウカンチョウ2

コウカンチョウ3
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/128-af6a7911
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。