上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ハリモモチュウシャクが現れた岩礁に、キョウジョシギも飛んできた。この鳥は日本では春と秋の渡りの季節に旅鳥として見られるが、ハワイでは冬鳥としてアラスカから渡ってきて越冬するそうだ。4~5月になると背面が赤褐色と黒色の夏羽に衣替えをし、大きな群れを作って再びアラスカの繁殖地へ戻っていくという。

キョウジョシギ1
 岩礁ですばやく動き回って餌を探している。
キョウジョシギ2
 冬羽は顔がほとんど褐色で、背面の赤褐色部はない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/137-e56754a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。