上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 去年旧友の家の近くにサンコウチョウがいることを教えてもらった。それを思い出して6月になってその場所を訪れてみた。1日目はサンコウチョウの姿はなく、一度だけさえずりを聞くだけで終わった。
 日を改めて2回目の挑戦をした。その日はさえずりは何回か聞いたが、なかなか姿まで現してくれなかった。でも、1回だけ暗い杉の林で雌を見た。8時間あまり捜してわずか10秒たらずの出会いだった。
 これで納得するわけにはいかない。3回目は早朝に賭けて4時前に現地に入った。あたりがまだ薄暗い4時からサンコウチョウはクロツグミやイカルと共に鳴き出した。20分ぐらいの間、複数のサンコウチョウがコーラスを続けた。そして、5時過ぎ、長い尾をもった雄が道路際の杉の木に現れた。その姿はひらひらと動くシルエットでどんどん樹間を伝わっていってしまう。そのとき、高さ5mぐらいの木の横枝に全身を現した。鮮やかな水色のアイリングとくちばしがはっきり見えた。
 午前10時過ぎ、再び雄が姿を見せ、あわててカメラのシャッターを切った。“三度目の正直”で、ようやく証拠写真を撮ることができて、旧友に感謝の報告をした。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/146-d557c8b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。