上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月も半ばを過ぎて、野鳥の繁殖生活は終盤に入っている。去年のこの時期鳥友に案内してもらったため池を訪れた。この池はかつて鯉の養殖に使われたり、冬には天然のスケート場としても利用されたりしたことがあるそうだ。現在はヨシ、ガマ、ショウブなどの植生が自然に保たれ、水深は浅いが常に水がたたえられたビオトープになっている。ここではカエルやトンボがたくさん見られるが、鳥たちにとっても好適な棲み場所になっているようだ。
洞源湖風景
 湖岸には樹陰で楽しめるマレットゴルフのコースが設けられている。
ゴイサギ若鳥
 ゴイサギの若鳥
ヨシゴイつがい
 ヨシゴイのつがいが姿を現した。手前がオス、奥がメス。
ヨシゴイ♂1
 ヨシゴイのオス
ヨシゴイ♂2
 ヨシゴイのオス。メスに比べて頭頂部が黒っぽく、胸の縞模様が目立たない。
ヨシゴイ♀
 ヨシゴイのメス
カルガモ
 カルガモが湖面のあちこちで休んでいる。
アオサギ
 アオサギ
バン
 バンの成鳥。
バン幼鳥
 バンの幼鳥。すでに親から離れて行動していた。
オオヨシキリ1
 オオヨシキリ
オオヨシキリ2
 巣立ちビナに餌を運ぶオオヨシキリ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/151-ede5230d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。