上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6月30日にサンコウチョウが営巣している所を訪れてみると、雌雄が交代で入巣、出巣を繰り返していた。よく見ると巣へ来たときに口に小さな餌のようなものを持っていた。卵の一部が孵化したらしい。繁殖の段階はいよいよ抱卵から育すうに入った。

6/30♂育すう1
 巣に来た雄のくちばしに小さな餌のようなものが見えた。(6月30日)

6/30♂育すう2
 雄は巣を覗き込んで孵ったヒナに餌を与えた後巣に座り込んだ。抱卵のときに比べて体を浮かしている。抱雛のようだ。(6月30日)

7/2♂育すう3
 7月2日、雄のくちばしに餌の虫がはっきり見えた。

7/2♂育すう4
 ヒナが餌を食べた後に出すフンは雌雄の親がその場で食べてしまうが、フンをくわえて巣から運び出す様子も見られた。

7/2♀育すう5
 抱雛の大部分は雌が分担している。

7/6♀育すう6
 7月6日、ヒナが成長して巣の上に首を伸ばしている。

7/6育すう♂7
 ヒナは4羽。はっきり首を伸ばす姿が見られた。(7月6日)

7/6育すう♂8
 雄が大きな餌を持ってきた。(7月6日)

7/6育すうの合間♂9
 餌を運ぶ合間に近くの枝にしばらく止まっている雄。余裕があるな。(7月6日)

7/8育すう♀10
 7月8日、給餌する雌。ヒナも餌も大きくなっている。

7/8育すう♂11
 給餌する雄。(7月8日)

7/8成長したヒナ12
 だいぶ大きく成長したヒナが巣の縁に顔を覗かせている。(7月8日) 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/171-00c3cbde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。