上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月27日に再び白樺峠を訪れた。この日は前回に比べてたくさんのタカ類が峠を通過していった。この峠で渡りの調査をしている信州タカの渡り研究会の速報では総数1,769羽がカウントされている。この中で一番多かったのはサシバで、全体のおよそ80パーセントを占めている。次がハチクマ(10パーセント)で、ツミ(5パーセント)、ノスリ(3.6パーセント)、その他(0.8パーセント)と続く。サシバは数は多かったがその多くは遠く、高く飛んでいった。ハチクマは比較的近くまできてくれるものがあったので、その写真をたくさん撮ることが出来た。ツミは小型であり飛び方も速いので、じっくり見たという感じが持てなかった。ノスリはまだ数が少なかったが、これから先増えていくようだ。

サシバの集団
 秋空を舞うサシバの集団

サシバ♂2
 サシバ♂

サシバ♂1
 サシバ♂

サシバ幼鳥
 サシバ幼鳥

ハチクマ♂5
 ハチクマ♂

ハチクマ♂1
 ハチクマ♂

ハチクマ♂3
 ハチクマ♂

ハチクマ♂2
 ハチクマ♂

ハチクマ♂4
 ハチクマ♂

ハチクマ♀1
 ハチクマ♀

ハチクマ幼鳥1背面
 ハチクマ幼鳥

ハチクマ幼鳥2背面
 ハチクマ幼鳥

ハチクマ幼鳥3背面
 ハチクマ幼鳥

ハチクマ幼鳥4下面
 ハチクマ幼鳥

ハイタカ♀
 ハイタカ♀

ノスリ♀
 ノスリ♀
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/178-8f3a784b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。