上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 雪が降ったら、八ヶ岳山麓にあるヤマシギがいるハンノキ湿性林のある公園へ行ってみようと考えていた。今まで現地を何回か訪れているが、なかなかその姿をじっくり見せてもらえなかった。2月8日に大雪が降ったので、その翌々日に出掛けた。
 午前中は、アトリ、キジバト、イカル、シメ、ツグミ、シロハラ、アカハラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、エナガ、カシラダカなどはいたものの、めあてのシギは一向に姿を見せてくれなかった。今日も空振りかと思いながら、このまま撤退するのは残念なので昼食をとって午後まで粘った。
 日が傾きかけた午後3時過ぎ、双眼鏡を林下の湿地に向けたとき、鳥の影が見えた。それは後でわかったが、アオシギだった。アオシギは水路に沿って歩きながら、たちまち藪の影に消えてしまった。「今日も駄目か。」とがっかりしながら180度反対方向に眼をやると、なんと別のシギ1羽が20メートルほど離れたところにいるではないか。それはヤマシギだった。ヤマシギはこちらを警戒することもなく、湿地の落ち葉にくちばしを刺し込んでえさとりに集中していた。
 ようやくヤマシギの姿にじっくりと出会うことができた。

冬の八ヶ岳雪景色
 ヤマシギ・アオシギがすむ公園の近くから望む八ヶ岳

ヤマシギ1
 ヤマシギ 名前の由来は、おもに林や山地に棲息していることから。

ヤマシギ2
 濡れた落ち葉にくちばしを刺し込んで餌を捜している。
 ヤマシギはタシギなど他のジシギ類と羽色や体形が似ているので野外での識別は難しいが、頭頂部にある黒褐色の4本の横班がひとつの目安になる。(アマミヤマシギにも横斑はあるが)

ヤマシギ3

ヤマシギ4

ヤマシギ5

ヤマシギ6

ヤマシギ7

ヤマシギ8


藪越しのアオシギ
 藪越しに見えたアオシギ





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/189-ba445073
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。