上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 上田市の市民緑地「美穂ヶ池」へサギを見に行った。このビオトープ型緑地は、今から10年前に瀬沢川を堰き止めてできた灌漑用の池を中心に市民緑地として整備された。
 ここには以前からサギ類の集団繁殖地(コロニー)があり、今も個体数は減少したものの継続されている。3月24日に現地を訪れると、池の端の斜面に生える高さ20メートル以上と思われるクヌギの樹冠にアオサギの姿とその巣があった。アオサギはすでに繁殖に入っているようで、巣材の枯れ枝を運ぶ姿や巣に座り込んで抱卵に入っているような様子も見られた。

美穂ヶ池
 市民緑地「美穂ヶ池」の景色

アオサギ1
 樹の高いところに6~7の巣があって、アオサギはその巣や近くの枝にずっととまっていた。

アオサギ2
 今のこの時期は営巣樹のクヌギに葉がないので、鳥の姿が良く見える。

アオサギ3
 この2羽はつがいと思われるが雌雄の区別はできない。

アオサギ4



アオサギ6
 翼を広げると160センチメートルはある大型のサギである。

アオサギ7
 くちばしと肢のピンク色は繁殖期の婚姻色で、後頭の黒い冠羽と肩羽の飾り羽もこの時期特有である。

アオサギ11
 巣材の枝を運ぶアオサギ。近くのハシボソガラスの巣から失敬してきたようだ。

アオサギ8
 巣に座り込んで抱卵をしているようだ。

アオサギ9
 交尾

アオサギ10




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/190-f5b0a79e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。