上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 10月も中旬になって朝夕の気温は10℃を下回るようになった。平地では冬鳥のジョウビタキ渡来の情報も聞こえてくる。
菅平の様子はどうかなと思いながら湿原を訪れた。人が誰もいない外周路を進んでいくと、キョッ、キョッと鳴きながらハンノキの林間をたくさんの鳥が飛び回っている。まるで川の水が流れるようなその鳥は、アトリの大群だった。ヨシ藪にはカシラダカが潜んでいて、人が近づくと葉が落ちたズミやカラコギカエデの枝に飛び移った。もうここにも冬鳥たちがやってきているのだ。周年湿原の林にすむキツツキやカラ類も元気な姿を見せてくれた。その一方で、春から夏にかけて賑やかだったオオヨシキリやアオジ、そして、コサメビタキ、コムクドリたちの姿はなく、季節の移り変わりを実感するバードウォッチングだった。

菅平湿原 秋の景色
 秋の菅平湿原

アトリの集団
 葉が落ちたヤチダモの枝に止まるアトリの群れ

ハンノキに群れるアトリ
 ハンノキに群れるアトリ

アトリ♂
 アトリ♂

アトリ♀
 アトリ♀

マミチャジナイ
 マミチャジナイ

カシラダカ1
 カシラダカ

かしらだか3
 カシラダカ

エナガ1
 エナガ

エナガ2
 エナガ

エナガ3
 エナガ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/197-6294bdfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。