上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 冬晴れの日、近くの上田市民の森公園へ鳥見に出掛けた。その一角にはコナラやアカマツの林を切り開いて整備されたマレットゴルフ場がある。しかし、冬季は雪があって、誰一人マレットをする人はいない。
 この林に足を踏み入れた途端、あたり一帯に「ジェー、ジェー」とか「ジャー、ジャー」という特徴のある鳴き声が響き渡っている。その主はカケスだ。1ヘクタールあたり10数羽はいる。カケスは雪が解けたコナラの落ち葉が積もった地面に降りて、好物のどんぐりを探しているようだ。ご存知のようにカケスは警戒心が強いので、なかなか近寄らせてもらえない。そこで、大きな木の傍らで動かずにジーッとしていると、30メートルぐらいのところまで飛んできてくれた。カケスは木の根元の落ち葉をかき分けて、どんぐりを見つけた。そして、それをくわえて遠くへ運んでいった。どこへ運んでいくのだろうか。

上田市民の森風景
 カケスがどんぐりを求めて集まる明るい林

カケス1

カケス2どんぐり

カケス3

カケス4

カケス5

カケス6

カケス7


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/204-dd86a269
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。