上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 谷沿いの山道を上っていくと、青く美しいオオルリの雄が木の梢でさえずっていた。その歌声は美しく、ウグイス、コマドリとともに日本三鳴鳥のひとつとして知られている。オオルリもキビタキと同様、雄が先に渡ってきてなわばりを構える。5月の連休明けになって、遅れて雌がやってきたようだ。雄は他の多くの鳥がするように、つがいになると梢から降りて来て、しばらくの間雌と一緒に連れ添うように行動する。そのようなひと時であったのだろうか、雄が何度も目の前に姿を現してくれた。

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3

オオルリ4

オオルリ5正面さえずり

オオルリ6捕食

オオルリ7背面
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/213-2c44c59d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。