上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 去年長野県の諏訪地方で繁殖していたジョウビタキを観察したが、その繁殖地は今後他の地域へも広がっていくことが予想された。そこで、今年5月、諏訪に隣接する長和町大門姫木平でジョウビタキの繁殖があるかもしれないと予想して調べてみた。するとすぐに餌をくわえたジョウビタキの雌雄に出会った。しばらく様子を見ると、姿は見えなかったが巣立ちビナが近くにいて親が給餌をしているらしいことがわかった。
 この場所は標高1250mの別荘地で、上へ上っていくとスキー場やホテルやペンションがあり、ウインターシーズンは人々で賑わっているが、5月のこの季節は静かで観光客はほとんど見られなかった。ジョウビタキの様子を見ていると、近くに住むAさんが現れ、「その鳥は自分の家に巣をかまえ、最近までヒナを育てていたんですよ。」と話してくださった。敷地の中に案内されてベランダの軒に営巣したという古巣を見せていただいた。ご主人のお話によると、4月に巣作りを行い、育雛中は親鳥が巣から10mも離れていない川の中へ入って餌を採って運んでいたという。
 ジョウビタキはこの場所から数百メートル離れたところでも見つかったが、繁殖の有無は確認できなかった。いずれにしても冬鳥とされたジョウビタキは、年々夏季になっても国内に残って繁殖をするものが多くなっていくのではないかと思われた。

ジョウビタキ♂
 巣立ち雛に餌を運ぶ♂

ジョウビタキ♂
 道路で昆虫の蛹を見つけた♂

ジョウビタキ♂
 草むらに潜むヒナに餌を運ぶ♂

ジョウビタキ♀
 道路で餌を見つけた♀

ジョウビタキ♀
 ヒナに餌を与えた後の♀

ジョウビタキの巣
 Aさん宅のベランダの軒に構えたジョウビタキの古巣






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/218-10129335
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。