上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鳥友の案内で北八ヶ岳に近い大河原峠林道の水場に出てくる鳥を撮影した。水場と言っても、そこは道のくぼみに雨水が溜まっただけの場所である。その水たまりから10メートル離れたところにブラインドを張り、中に入って静かに鳥の出現を待った。あたりではウグイスをはじめ、ヒガラ、メボソムシクイ、クロジなど亜高山の鳥が鳴き、遠くからホトトギスやカッコウの声が聞こえてくる。しかし、目の前の水たまりにはなかなか鳥が姿を現さない。 
 1時間ほど待ったころであろうか、知らぬ間に1羽のウグイスが来ていた。水浴びをしながらも囀っていて驚いた。ウグイスが去って間もなく、今度はクロジが出現した。クロジは雌雄で体色が異なるが、水たまりの出てきたのは全身が黒色のオスだった。その後、また待ちぼうけの時間が続いた。鳥見には忍耐が求められる。そんなことを思っていると、ようやく3番目の鳥がやってきた。それはモズだった。

大河原峠林道水場1
 標高2000メートルの林道の脇にブラインドを設けた。

大河原峠林道水場2
 林道のくぼみにできた水たまり。こんなところにも鳥が水浴びにやってくる。

大河原峠林道ウグイス3
 ウグイス
大河原峠林道ウグイス♂2
 ウグイス(オス)

大河原峠林道モズ♀1
 モズ(オス夏羽)
 
大河原峠林道クロジ♂1
 クロジ(オス)
大河原峠林道クロジ♂3




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bird1122.blog87.fc2.com/tb.php/221-9b991756
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。